ストーカー行為は先ほども述べましたが、ストーカーをされているという証拠がないと、警察になかなか動いてもらえないというのが現状であります。そういった実情もあることから、素行調査でストーカーの行動を調べてもらい、調査結果を元に警察へ通報することができます。証拠があれば、警察も動かざるを得ない状況になりますし、当然刑事事件として扱ってもらえます。また、精神的な苦痛もあると思いますので、民事訴訟でも損害賠償をもらうこともできます。

ストーカーはなかなか本人ではわからないところがあるため、素行調査をする専門の方を利用して、不安を和らげることが大切です。もちろん、逮捕されて解決するまでは多少の不安は残ってしまいますが、素行調査に細かな部分はお任せして、周りのサポートを受けながら日々を過ごしていくようにしましょう。

ストーカーの場合、いろんな証拠がないとなかなか警察も納得しないところがあります。ただ、気をつけなければいけないことは、ストーカーに関してはすぐに逮捕されない場合があるということです。といいますのも、ストーカーに対してはまずは警察が警告をだし、その後状況が変わらなければようやく逮捕という形をとっていることにあります。これはストーカーに関する法律に従ってのことでありますが、もちろんストーカーが近寄らないように監視する仕組みはあります。しかし、逮捕されるまでは素行調査を利用して自身でも監視することが大切でしょう。