行動を確認するために、こっそりと盗聴器が仕込まれていることがあります。もちろん、盗聴器が仕込まれているということは、聞かれてはならないこと、本人しかわからないこともストーカーによってバレているということがあります。こういったとき、盗聴器の設置場所を調べてもらうようにしてください。素行調査では、盗聴器の場所と盗聴器を仕掛けた相手を調べてもらう必要があるでしょう。素行調査はターゲットの居場所、行動を確認するだけと思うかもしれませんが、相談内容によっては盗聴器の取り外しなども行ってもらえます。

盗聴器につきましては、電話の音声にノイズが入っているときなどは仕込まれている可能性が高いですので、普段から電話中にノイズがないかなと、確認を怠らないようにしましょう。素行調査では、もちろん専用の機械を持っている方もいらっしゃいますので、素行調査の際に一度、盗聴器が仕込まれていないか、カメラが仕込まれていないかなど、入居の際に細かくチェックしておきましょう。それ以外でも仕込まれてしまうこともありますので、定期的に盗聴器がないかをチェックしておくようにしましょう。素行調査は難しくない仕事と思われがちですが、かなり地道な作業が多いと感じられます。
また、盗聴器や隠しカメラの特定に関しましては、素行調査と別料金がかかってしますこともありますので、依頼をする前にいろいろと確認したうえで、利用するかどうかを判断してください。