ストーカーといいますと、誰かに付きまとわれているということがきっかけとなることで見つかるものです。もちろん、ストーカーはなかなか正体を現さないということで、自身だけではどうしようもないことも多くあると思います。そういったときにこそ、素行庁調査などで、相手を特定して、行動を調べてもらうことが必要になります。
誰かに付きまとわれていることはとても嫌なことです。ですから、素行調査を依頼して、相手の動向を調査することが必要なのです。

ストーカー被害での一番多いのがつきまといでありますので、それだけ被害者にとっては、不安になってしまうことも多いものです。そういう不安を拭うためにも素行調査を行い、ストーカーの実態を暴くことが必要になります。
もちろん、ストーカーだとは思わなくても、付きまとわれることはとても気持ち悪いものではあります。気持ちが悪いということは、相手はストーカーだと思っても間違いはありません。そのストーカーの影を早い段階で消し、しっかり抗戦することが大切です。

そして、ストーカーは警告を受けたとしても、諦めることを知らないので、しばらくは素行調査してもらい、未然に更なる危険を防ぐことも時には必要になると思います。そのために、素行調査でお金を使うことを惜しむようなことがないように、利用しやすいように相談をしながら、素行調査の依頼をどうするかを考えていくことが求められるでしょう。