ストーカー被害ははじめ気づかないことが多いものです。ちょっと変な気配を感じたら、友達に相談して、探偵に誰の仕業であるか、その人がどのような行動をしているかなどの裏付けを素行調査としてやってもらいましょう。行動は早いうちに証拠をつかんで警察へ通報しておかないと、大きな事件に発展する場合もあります。ニュースでもありましたが、殺人とか殺人未遂、放火など、ストーカー自身がどんどん狂暴化してしまうこともあるのです。警察はストーカーからの被害状況に対する証拠がないとなかなか取り扱えないのが現状です。また、素行調査、ストーカーの調査は目に見えない部分から始めておかないと、目に見えてからでは遅いということが言えます。

証拠があれば、警察は軽度の内容であっても、犯罪行為ですから取り扱ってくれるはずです。ストーカーを自分で突き止めることは精神的にもつらいことです。もちろん、あまり細かいことを話すことができないこともあります。
ちょっと隠れて行動がばれていることがわかりましたら、盗聴や尾行の可能性を判断して、まずは調査してもらえるはずです。素行調査では、ストーカーのアリバイや行動をしっかりと調べてもらえますので、怖いかもしれませんが、綿密に打ち合わせをして丁寧かつ迅速に対応してもらうようにしましょう。
行動を盗み見されているのは、どう見ても怖いですが、ストーカーの被害を抑えるために早いうちに調査を依頼しましょう。