興信所や探偵事務所は調査依頼を受けて調査をする場合に入手した個人情報などを基にして調査を進めていくことになりますが、弁護士のように法的な手段で正規のルートを使って個人情報を入手することができないため、こうした情報を入手する方法はそれぞれの調査会社が持っているマニュアルやノウハウに頼る部分が大きくなります。
従って効率的に調査を進めてもらえるかどうかというのは、その調査会社が持っているノウハウやマニュアルが大きく関係してくるわけですが、大手の調査会社だからといって信頼できるわけではありません。
むしろ浮気調査や会社に対しての調査は地域性が強くなるため、昔からその地域で調査会社を営んでいる興信所などの方が効率的に調査は進む場合があります。
また、大手の興信所になってくると全国に拠点があるわけですが、どれだけ日本各地に拠点があったとしても一つ一つの拠点を見た場合にその地域で十分なネットワークが構築されているとは考えにくい面もあります。
さらに人件費などのコストが余分にかかっていることもあって調査費用にそのコスト分が上乗せされるため、個人の興信所に依頼する方が安く済む場合もあります。
ただし、個人規模の興信所になってくると調査におけるトラブルが多いというのも事実で、場合によっては依頼した内容を外部に漏らすという悪質な業者もいるため、事前に評判をしっかりと調べた上で依頼することが大切になってきます。