誰かの秘密や会社の秘密などを知りたい時や知る必要がある場合に興信所や探偵事務所を利用するという人は多いと思いますが、自分の力だけでは調べることが不可能だったことであっても調査のプロに依頼することによって知りたい情報を知ることができる場合があります。
調査で収集した情報というのは裁判や交渉において非常に重要な意味を持ってくることもあるので、絶対に調査をしていることが対象となる人や会社に知られては困ると思いますが、興信所や探偵事務所などの調査会社が情報を対象となる人や会社に売ってしまわないか不安に思う人もいるかもしれません。
しかし、結論から言って興信所や探偵事務所が情報を第三者に売るということはありえないことで、これをしてしまうと業者としての信用は一気に失墜することになり、訴えられた場合に不利なことも分かっているため、故意的に情報を漏洩させるということはありません。
なので、興信所に調査を依頼しているということが対象となる人や会社に知られてしまうということはありますが、スタッフからもらった名刺や明細書などを持ち歩いている場合や自宅に置いている場合、また会社に置いている場合はこれを見て調査をしていると勘付かれる可能性は大いにあります。
また、インターネットで調査会社を調べている履歴を見られることで発覚する場合もあるので、調査を依頼する場合はこのような依頼している証拠となるものを確実に消すことが大事です。